東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ : リレー

ギターと歌と

今回は、A.Tさんよりバトンを受け取りました、神奈川T.Iが担当します。

私は歌が好きで、高校時代からギターの弾き語りを行ってきました。私にとって自分のギターは、私の歌を支え、共に歩いてくれる相棒のようなものです。こういう機会もなかなかありませんので、完全に自己満足ですが、愛用ギターの紹介を失礼します。

tc20180701-1
高校時代に使用していたモーリスのギター(MGシリーズ)です。今は兵庫県の実家に保管してあり、帰省した際に弾くギターとなっています。かなり安いものでしたが、いい音します!

tc20180701-2
こちらは高校時代終盤から使用しているモーリスのギター(G-81)です。私は基本的にジャカジャカ弾くストロークメインでしたので、それが得意なギターを選びました。

tc20180701-3
現在一番使用している、モーリスのギター(MW-3003)です。大学時代に手に入れました。ウクレレにも使用されているコア材を使用しています。メーカーカタログに載っていた受注生産品だったのですが、見た目が物凄く好みでどうしても欲しく、楽器屋さんに注文しに行きました。値段もそれなりでしたので、バイト代を一生懸命貯めて購入した記憶があります。

今はギターを弾く時間もライブをする時間もなかなか取れませんが、歌の練習もしつつ、いつかまたライブ等したいなぁと思っています!
tc20180701-4

次回は神奈川期待のルーキー、M.Y.さんにバトンを渡したいと思います。

T.Ito

RSS

カテゴリ : リレー

最近のマイブーム

T.S.さんからバトンを受け取りました。早く仕事を覚えて少しでも大手町オフィス・東通産業に貢献できるよう頑張りたい、新人のA.T.が担当させて頂きます。

皆さんの最近のマイブームは何でしょうか。私の最近マイブームはキャンプです。去年、キャンプが大好きな友人に、静岡県の富士山の麓の近くに位置する【ふもとっぱらキャンプ場】に連れていってもらいました。私は、学生の頃に行ったよくある区画分けされたオートキャンプ場をイメージしていたのですが、その場所は区画されてはおらず、自由に空いている場所を使用して、各々お洒落な空間を創り、今までのキャンプのイメージと全く違うものでした。
tc20180615-1

あまりそれまでキャンプに興味を持っていなかったのですが、お酒を飲みながら男飯を一緒に作ったり、焚火を囲みながらお笑いの話や、くだらないこと話して談笑したり、また月の明かりに照らされる富士山がとても綺麗で、すぐにキャンプの魅力の虜になりました。
tc20180615-2

 

tc20180615-3
キャンプ道具にも沢山種類があって、テントもデザインが豊富で様々な形をしており、テントの中に小さい暖炉を作り冬でも快適な空間となっていたり、焚火台の周りを囲むようにテーブルを設置して、その場で調理しながら飲んだり・食事をしたりでき、ものすごく過ごしやすい空間でした。

つい先日ですが、夏も近づき暑くなってきたので、別のメンバーでキャンプをして来ました。静岡の川の近くにテントを張り、最近購入した焚火台を設置して、テンションもあがりながら、準備をしていました。しかし、そのメンバーはキャンプの知識もあまりなく、あれがない・これがないなど、持ち物の準備不足が露呈しました。キャンプに慣れていない感がすごく出ていましたが、知識がないなりに工夫しながら、皆で過ごすキャンプも、とても楽しいものでした。現地では川が綺麗だったので、子供の頃に戻ったように川で遊び、帰りは清水港まで出て海鮮料理を堪能して帰ってきました。
tc20180615-4

 

tc20180615-5

 

tc20180615-6

これから少しずつキャンプ道具を集めて、もっと楽しく過ごせるキャンプをして、良いリフレッシュになる趣味の一つにしていきたいと思っています。

これから梅雨が明ければ本格的な夏がやってまいります。皆さんも是非キャンプをしてみてはいかがでしょうか。

次回は急なお願いにも応えてくれた、T.I.さんにバトンを渡したいと思います。

A.Tsunoda

RSS

カテゴリ : リレー

心に響いた名言

T.I.さんよりバトンを受け取りました。ブログのネタ集めより心配事の方が多く、なかなかブログを書くことができない私が担当させていただきます。

皆様名言といえば、誰かしらのお言葉が出てくるのではと思います。たとえば。

「天才とは努力する凡才のことである」
(アインシュタイン:物理学者)
「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」
(井上靖:小説家)
「小さなことを重ねることがとんでもないところに行く ただひとつの道」
(イチロー:野球選手)
「人事を尽くして天命を待つ」
(中国の古い言葉)
「一番いけないのは自分なんかダメだと思い込むことだよ」
(のび太:ドラえもん登場人物)
「努力をしても報われない奴はいる。間違いなくいる。ただ成功した奴は、必ず努力をしている」
(長州力:プロレスラー)
「私の最大の光栄は一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きあがることにある」
(ゴールドスミス:実業家)
「ハートのすべてを注ぎ込めば、勝利するかどうかは問題ではない」
(マイケルジョーダン:バスケットボール選手)
「効率的に成果を出すには、成果のうち8割を生み出している2割の活動に努力を集中すること」
(パレートの法則)
「小さく生きる人生、自分がやれること以下の生活で満足してしまう人生には、何の情熱もありえない」
(ネルソン・マンデラ:元南アフリカ大統領)
「待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人達の残り物だけである」
(リンカーン:アメリカ合衆国第16代大統領)
「業なかばで倒れてもよい。そのときは、目標の方角にむかい、その姿勢で倒れよ」
(坂本龍馬:幕末の志士)
「あなたの夢を萎えさせるような人間には近づくな。器の小さい人間ほど人の夢にケチをつけたがるものだ。真に器量の大きな人間は成功できると思わせてくれる」
(マーク・トウェイン:アメリカの小説家)
努力の名言22選より抜粋

私はあまり偉人様の名言には心が動かない人間でした。人の話を聞いたって、やるのは自分自身だし話を聞いたって自分は変わらないと思っておりました。しかし東通産業に入社し、3年目ぐらいに車で現場から帰宅途中に、デコトラ(デコレーショントラック)の背面のリアドアに「金がほしいなら、頭を使え、頭がないなら手足をつかえ、それも出来ないなら、ここから去れ」と言う言葉を読んだとき、ぐっと心に染み込んできました。本来の明言は「金がないなら、頭を使え、頭がないなら手を動かせ」だと思います。ビジネス書でも発売されてます。この言葉をみて入社3年目で私はまだ頭がないから手足を動かそう。それも出来なきゃ、この場に居られない。じき頭を使えるときが来ると考え、わからないなりに行動しておりました。でもこの言葉は今でも仕事のスタイルに現れちゃっているようです。勝手に自分自身で行ってしまうんですよね。もうそろそろ頭を使わないとな~と思っております・・・・。当時写真を撮っていたら載せたかったのですが、Google様で調べたのですが無かったです。

また、先週、とある番組のPodcastラジオを聞いていたところ。ある芸人が舞台にあがるため心配になった心境を母親にLINEしたところの母親からの返信がグッと来た言葉でしたので皆様にもお伝えしたいと思います。
「努力して結果が出ると、自信になる。努力せず結果が出ると、傲りになる。努力せず結果も出ないと、後悔が残る。努力して結果が出ないとしても、経験が残る。」
「努力をしてその日を迎えたんだったら、何も残らないことがないから行っといで、母」
この言葉は久しぶりにブルッと震えました。何度も聞き返してしまいました。こんな発言がさらっと発せられる親、また上司になりたいなと思った今日このごろです。なにせ努力をしているなら、何も残らないことはない!!それは自分自身が一番知っているということ。ネットニュースにもなったので、みんな共感した名言だと思います。自分自身、努力してるかな?と考えさせられてしまいました。

 

また、最近笑ってしまった名言といえばマニアックですいませんが、次男が母親に怒られて「(勉強が)なんでできないの!!」と言われている横で、長男が「坊やだからさ!」との発言、私は爆笑してしまい。母親に私と子供たちは輪をかけて怒られてしまいました。機動戦士ガンダムのシャア・アズナブルがギレン・ザビの演説中にテレビ越しに発した一言です。こちらもマニアの中では名言なのです。(知っている方は笑ってもらえれば幸いです。
tc20180601

 

皆様の心に残る名言は人それぞれだと思いますが、大事に心の引き出しに入れておいて挫けそうなときは引出しを引いてみてください。元気になると思いますよ。

何だか写真が無くてブログではないですね。すいません。

次は大手町の次世代を担うホープA.T.さんにバトンを渡します。

T.Shiba

RSS

カテゴリ : リレー

GW ~家族との時間~

Y.S.さんよりバトンを受け取りました。漢気(おとこぎ)ってこのような漢字だったのですね。いつも勉強させて頂き感謝しております。


さて、早速ですが皆様はGWを如何お過ごしになられましたでしょうか。私共の職種と致しましては、GW中や休日中の工事対応などが多く、毎年長期のお休みを頂けるとは限らず、とはいえ家族とのゆっくりとした時間は大切なもので、毎年のGWにどれだけ家族との時間をとれるかが楽しみでもあります。我が家では、最低でも1年1度は家族旅行を企画して、旅行へ行く事の楽しみを糧に仕事を頑張っております。その甲斐ありまして、今年はGW中に初の青森旅行を満喫して参りました。1泊2日の弾丸ツアーではありましたが、家族との貴重な時間を過ごせました。我が家の旅行モットーは、「食が第一!」「その土地の歴史、文化に触れる」続いて、「食」、「食」、「食」と、ただの食いしん坊家族なのですが、「食」を通して娘に食べる事の大切さと、その土地土地の文化や風習、四季の食材などを一緒に学び、また、「食」を通して仲間との交流や親睦を深めたり、旅をしたりする事が家族共通の趣味となっております。


「十和田名物 バラ焼き」
tc20180515-1
戦後、米軍からの払い下げで安価に入手できた牛のバラ肉を食し始め地元ですきやき風の味付けを始めたことが始まりとされている料理です。(※諸説あり。) 今回は、司とゆうお店に開店一番乗りで入店し美味しく頂きました。鉄板一面にひき詰められた大量の玉ねぎをじっくり炒めてしんなりした所で、メインの牛肉をしっかりと玉ねぎと混ぜ合わながらタレを馴染ませて、豪快にごはんの上にのせて頂きます。

「奥入瀬渓流」「十和田市現代美術館」
tc20180515-2
花より団子の我が家でも、その土地の歴史、文化、自然に触れる事も忘れておりません。
今回の青森旅行で楽しみにしていたので、この季節に満開となるはずの桜でしたが、今年はGW前に満開となり大半が散ってしまっていました。ほんの一部の桜が咲いていて綺麗でした。

「星野リゾート 青森屋」
tc20180515-3
 
tc20180515-4   
tc20180515-5
今回の旅行で一番楽しみにしていた御宿、「青森屋」に宿泊しました。サービスはもちろん青森のねぶた祭や四大祭、津軽三味線などなど、青森県の醍醐味を一気に楽しめる素敵な御宿でした。
 
tc20180515-6

tc20180515-7

食事も勿論、青森の食材づくしで大変満足。ほたて、せんべい汁、りんご、南蛮みそなど郷土色豊かな「食」を体験しました。

今では珍しい、切符を手にして改札。三沢~八戸ローカル線(青い森鉄道)旅。
tc20180515-8

趣味が料理の為、現地の食材に触れられる市場が大好きで国内に限らず、海外でも必ず市場へ足を伸ばします。今回は念願の「八食センター」へ!大興奮!!
tc20180515-9

 

七輪村にて、八食センター内の鮮魚店で購入した新鮮な魚介類(ホタテ、キンキ、ホッキ、ホッケ、イカ、カキ、アサリ、エビ、牛肉等々)を焼き焼きして堪能!
tc20180515-10

 

1泊2日の弾丸ツアーではありましたが内容濃く、家族との有意義な時間を過ごせました。来年は何処に行けるかな?また次回の旅行までの楽しみを糧に仕事頑張ります!

tc20180515-11

 

次は、大手町オフィスの弊社で永遠のNo.1イケメン T.S.さんにバトンをお渡し致します。大手町オフィスメンバーでのプチ旅行も必ず実現させましょうね!

T.Ishii

 

RSS

カテゴリ : リレー

音楽と私

音楽大好き同士、東通バンドのドラムさんより紹介受けまして、2代目ベース担当の私が今回担当します。

音楽は、「音を楽しむ」もしくは、「楽しい音」、「楽な音」と書きます。日本語って素敵です。音楽に「良い」「悪い」はありません。目と異なり、耳は母親のお腹の中で来ている為、先天性の嗜好になるで、この音楽は上等とか偉いとかなくて自分が好きか嫌い(心地良いか、気持ち悪い)かだけなのです。そして音楽の素晴らしい点は、感情に訴えかけ涙を流させる事が出来る事。映画も音が無ければ面白くないのです。

戦略会議でも話した通り、私の人生を変えたアーティストのアルバムを紹介します。
<キッス/地獄からの脱出 KISS/Dynasty 1979>
tc20180501-1
小6の時に従兄弟が聞いていたのを聞いて衝撃を受け、それから現在も大好きです。キッスは曲だけでなくメンバーの考え方生活も全て参考に生きています。

なんと!「KISS JAPAN TOUR 2015 特別参戦!ももいろクローバーZ 2015年3月3日 東京ドーム」では、娘と一緒に見に行く!という事までも実現し嬉しい限りです。
tc20180501-2

 

最後に今の相棒「アレンビック/ALEMBIC "Epic"zebrawood」の写真で終わりたいと思います。独特なサウンドですが大好きです。めっきり人前での活動はしていませんが、復帰したいと思っています。

tc20180501-3

皆さんも好きな音楽をたくさん聞いて、堂々とみんなで共有し(私は否定しません)人生を豊にそして楽しくしましょう。

次は、大手町オフィスの漢気(おとこぎ)溢れる優男 T.I.さんにバトンを渡します。

Y.Suzuki

ページトップ