東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ : リレー

音楽フェスに行ってきました

同い年のT.Oさんからの笑顔のバトンパスを苦笑いで受け取ったT.Nです。

ライブを見に行くのが好きで、仕事帰りや土日にちょくちょくライブハウスに行っていたのですが、去年の2月以降はめっきり行く機会が減ってしまいました。
そんな中、上野で音楽フェスがあるとの事で久しぶりにライブを観に行ってきました。
去年も同時期に同じ場所でフェスを開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により会場が使用禁止で有観客のフェスが中止になってしまい、スタジオ収録のライブを有料配信するという結果となってしまいました。
今年は会場収容人数を約半分にするという事になってしまいましたが、“少観客+有料配信”で無事に開催することになって、大変嬉しく、ライブの日を心待ちにしていました。

 

 画像1s

 

 画像2s

 

 画像3s

 

 画像4s

 

 画像5s

 

会場は自由席着座、飲食禁止、大声禁止、撮影禁止。
フェスと言えば、ビールを飲んで牛串をかぶりついて大声を出してジャンプしたりするものなのに、着座でお茶飲んで黙っていて、時々拳をちょっと上げたり拍手したり、とライブはとても素晴らしかったのに少しもの足りない感じでした。
この日は気温があまり高くなく、体を動かしていないし声も出していないので、喉がカラカラに乾くということはなかったのですが、せっかくのフェスだしという事でどうしてもビールを飲みたくなり、転換時間に会場を一旦出て近くのコンビニでビールを買って公園で飲みしました。

ライブが全て終わる頃にはすっかり日も暮れ、少し肌寒い感じ。不忍池辯天堂もライトアップされてきれい。
来年も再来年も同じ場所でライブが観られたらいいな。来年こそは本当に満員の客席でビール飲みながら大声で騒ぐことのできるライブに戻れればいいな。とか思いながら上野を後にしました。

 

 画像8s

 

 画像7s

 

次はいつもお世話になっていますK.Oさんにお願いします。

RSS

カテゴリ : リレー

DIYやってみました!

Totsuのひろみ・郷からバトンを受けとりました。T.Oです。
新型コロナ禍で自粛が続いていたので自宅のリビングをDIYしてみました。

 

【カウンター周りをミニBAR風に!】

01

 

カウンターに大理石柄のカッティングシートを張り上部に吊り棚を作り、ワイングラスラックを取付。壁面にウイスキーラックを設置。

ワイングラスラック

イメージ通り出来たかな?

 

天井

天井点検口設置 苦労しました・・・。

 

ウイスキー棚

 

ウイスキー棚2

残りのニッチ棚作成とウイスキーの収納スペースが少なかったので増設しました。

 

【テレビを壁掛け!】

レンガ壁

リビングから隣の部屋に行く引き戸を片側つぶし、レンガ調の壁を作りました。

 

裏側

 

テレビ

機器類は壁裏を利用し設置しました。東通さんの工事の様には行きませんが。

 

【今回の苦労話】

材料(2400mmの2×4、合板等)を買って持ち帰るのは意外と大変でした。今は100円ショップにも色々工具はありますが腕が無い分、道具は良いものを選んだ方が良いと思います。作業では天井点検口設置が下地を避けての墨出し、開口作業は大変でした。
天井ボード開口する時は養生をしっかりしないと部屋中、真白になり怒られます。
これに懲りずに、次のDIYはキッチン周りの収納、天井裏スペースを倉庫にしたいと考えています。いつになるかは分かりません・・・・・。

Do It Yourself」「自分でやってみよう!」

 

次は同じ年のT.Nさんに笑顔のバトンパスです。

RSS

カテゴリ : リレー

イタリア車

こんにちはK.Oです。
この1年以上は、コロナのために旅行に行くこともできなくなりました。
騒ぎになる寸前にフランス人の友人に会いに行き、車で彼と一緒にイタリアへ旅しました。
イタリア車のことを少し書きたいと思います。

 

フェラーリ

 

イタリア北部ミラノ郊外にアルファロメオのミュージアムがありました。

歴代の車が展示されていて車デザイナーとして超有名なジウジアーロやピニンファリーナの車もありました。このデザイナー達は日本でお馴染みのいすゞ117クーペやブルーバードもデザインしています。このように有名なデザイナーというのは、何社かの車をデザインしていることもあり、その特徴が各作品に表れていて面白いものです。

 

アルファクラシック

 

アルファロメオの紋章は、赤い十字と緑のヘビです。
この赤十字はミラノ市の紋章が由来となっていて、ミラノを代表する車です。その証拠にミラノではパトカーがアルファロメオ車です。

 

アルファ1

 

この青い車はかつてモーターショーに出た車です。のちにブレラという名前で商品化されて一般路上を走る車となりました。流線形が美しいと評判でした。
さすがイタリアです。
10時間ほど車で移動したモデナという街にフェラーリミュージアムもあります。

 

フェラーリ旗

 

たくさんの人が訪れていました。

 

フェラーリシック

 

 

フェラーリはご存知のように馬のマークの車です。車好きなひとにとって一度は憧れる車かもしれませんし、一生手に出来ないほどの高級な車ですが、このフェラーリの母と言われているのが実はアルファロメオなのです。
日本では男性のモテる条件に、車を持っているという時代もありましたね。美しい車、スピードの出る車と、やはり憧れたものでした。

しかし今では車を欲しがるひとも少ないとか。車は便利だからカーシェアでいい、というCMなどを見ますと少し淋しい気もします。しかし時代はEV電気自動車、次は自動運転、更には空を飛ぶ車も普通に出てくるのかもしれません。いち早くその一部を担う働きをできるように当社も頑張っていきましょう。

 

イタリア

 

次は営業技術の要、T.Oさんにバトンを渡します。

RSS

カテゴリ : リレー

「明日天気になあれ」

昨年5月入社H.Oです。宜しくお願いします。前回のM.Eさんと同じように私も趣味の話をいたします。

ジョギング、山ラン、野球・サッカーなどのスポーツ観戦などですが、やはり何と言ってもゴルフですね。ゴルフ場でのプレーだけでなく毎週末の練習、トーナメント観戦、YouTubeでの研究など関連するものすべて好きです。
クラブを初めて握ったのはもう30年も前ですが5年ほど熱中した後、子育てや地元サッカーチームのお手伝いなどで10年ほど中断、気が付くと子供に相手にされなくなり(笑)、2005年頃から再開しました。

 

富士photo

<ゴルフ場から眺める富士山>

 

ゴルフの魅力は何でしょうか?「思い通りにならない点」ですかね~。再現することがとても難しいのです。昨日上手く打てたのに今日は出来ない。しかも止まっているボールなのに何故かできない。原因がわかるようでわからない。これが病みつきになっているところかもしれません。本当に何年やっても難しいものです。
まぁスコアが思い通りいかなくとも気の合った仲間と一日中 外にいて過ごすのは気持ちがよいものです。コースは6キロぐらいをカートで移動するのですが、立ったり座ったり、歩いたり走ったり、喜んだり悲しんだり、運動になりストレス解消になります。またこのスポーツは年齢、性別に関係なくハンディなく楽しくできます。年に1度は親戚を集めてやるのですがいつも真剣です(笑)。まして始めたばかりの息子などには負けるわけにはいきません。

 

パターphoto

<こういうショットがいつも打てれば良いのですが>

 

ただ心配なのはゴルフ人口が年々減少してきており、ゴルフ場の経営に厳しさが増しているようです。道具、ウエア、練習場、ラウンド代など他のスポーツよりお金がかかるし、またプレーに時間がかかり過ぎるのも新しく始めようとする人々のハードルを上げているのかもしれません。この状況はアメリカでも同じ傾向で、USGA(全米プロゴルフ協会)では「9ホールプレイ(半分)」を推奨し始めており値段と時間を半分にしようとしているようです。

 

鹿photo

<鹿くんが邪魔で打てない時もしばしば>

 

私も少しでも移動に時間がかからないように家から最も近いゴルフ場を選択し、名門コースなんて全く関係のない山岳コースですが2年前にメンバーになり時間を見つけては行くようにしています。練習して悩み、教えてもらいわかった気になり、ラウンドしてまた悩む、これの繰り返しですが出来るだけ続けていきたいと思います。コロナ過で少し見直されてきているゴルフの再発展を望み、応援し、そしていつも金曜日には願っています。「明日天気になあれ」と。

 

コンペphoto

<ゴルフスクールの皆さんとのコンペ>

 

それでは次はいつもお世話になっているK.Oさんにお願いします。

 

RSS

カテゴリ : リレー

サイクリングしてみませんか?

こんにちは、情報システム部のM.E.です。今回は趣味の自転車について書こうと思います。友達の中には数十台のコレクションを持っていたり、転職して自転車屋さんになってしまった人もいますが、私の場合は今のところ合計4台しか所有していないし、情シス部門で普通の会社員をしています。それでは私の自慢話にお付き合い願います。
以下の動画はGoProで撮ってYouTubeに載せたものを張り付けました。

 

 

 

・1990年製 Colnago Super (Pro Team Elro Snack model) ロードレーサー
オランダのプロレーシングチームが使っていたワークスマシンのフレームを地元の自転車屋さんから手に入れました。青・赤・黄色のチームカラーに塗ってあります。とりあえず手持ちのパーツを組み込んで乗っていますが、当時の部品を今後数年かけて少しずつ入手して正しい状態に修復する予定です。

 

 

 

・東京で一番高い標高にある道路の風張峠(標高1146m)です。
峠道用に低いギアに換装したロードレーサーで上ってきたけれど、後続の若者たちに抜かれるし、かなりくたびれました。

 

 

 

・1年前のお正月にHoi Anでサイクリングしました。
まだコロナ禍が広がる前だったので、混雑した町中も自転車で楽しく回れました。

 

 

 

・数年前にパリのルーブル美術館広場に行きました。この日は自転車だったので、広場に行っただけで美術館の中には入りませんでした。

 

 

 

・こちらはイタリアのフィレンツェに行った時のビデオです。当時の中心街は大勢の観光客で混雑していました。

 

 

 

・半日ほどでしたが、ロンドン市内を観光サイクリングしました。自動車だと好きなところで止まって見物ができないし、徒歩だとちょっと離れた所に行くのもくたびれてしまいます。その点、自転車は市内観光用に最適ですよ。

 

 

 

はやくコロナ禍が落ち着いて、またのんびり旅行したりサイクリングができるようになると良いですね。
次のブログ執筆は私の前の席に座っているO.Hさんです。

 

 

ページトップ