東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ : リレー

男の生きざま

M.H.さんよりバトンを受け取りましたOです。
大袈裟なタイトルを付けてしまいましたが、お伝えしたいのは司馬遼太郎の描く「男の生きざま」の素晴らしさ、凄まじさです。
司馬遼太郎の作品との出会いは多感な中学生のころ、「坂の上の雲」が発刊され、父親が買ってきたのをついめくって読んで、はまってしまい、そこからの付き合いです。

「坂の上の雲」は日露戦争でロシア軍の中で日本が絶対かなわないと言われていたロシアのコサック騎兵隊とバルチック艦隊、これを叩き潰した日本陸軍騎兵隊創設者の秋山好古とその弟で海軍参謀秋山真之と、真之の親友で俳句の革命(近代化)を実現した正岡子規の3人が主人公の物語です。秋山兄弟は軍人ですが、二人とも軍人を志していたわけではまったくなく、時代に押し流されて軍人になってしまい、そしてたまたまロシアの強敵に向かい合い、全身全霊を賭して勝利しその職務を全うしたのです。ちなみにこの3人の主人公は愛媛県松山の出身です。

 

 写真1 写真2
【松山空港で見かけたポスター】

 

写真3
【日露戦争時 連合艦隊旗艦 「三笠」 於:横須賀市三笠公園】

 

中学時代から何度読み返したことか、新たに文庫本を買い直して、手元に残っている発行当初の本は2冊のみです。
本書の中では戦略、戦術の良し悪しによっていかに勝敗が別れるかなど、営業マン、営業マネージャーの方にも必読の書です。

写真4

 

司馬遼太郎の凄さは歴史上の人物(特に幕末)のまったく異なる「男の生きざま」を活き活きと表現していることです。「峠」では自身の立場、寄って立つところにこだわり続け、越後長岡藩を武装中立させ、ヨーロッパにおけるスイスになることを目指した河合継之助を、一方で「竜馬がゆく」では全く自身の立場に捉われず、自分の夢のみを実現することにすべてを掛けた坂本龍馬や、感情を排しすべてを合理的にのみ考え生きることで、蘭学の医者から長州討幕軍の総参謀となり幕軍に連戦連勝、江戸城無血開城を実現した「花神」の村田蔵六(大村益次郎)などなど・・・

写真5

 

いずれの主人公も自ら望んでその立場になった訳でも無いのに、死力を尽くして戦い続けるさまこそ、まさに司馬遼太郎さんの描く共通する「男の生きざま」かと、しかしその主人公たちの末路は必ずしも恵まれたものではありませんが・・・。

写真6-2

 

時に流されても流されなくても信念を持って生きていくのは難しいです。
若い方、若いと思っている方はもちろん、題材が題材なので「男の生きざま」というタイトルになってしまいますが、女性の方にもお勧めです読んでみてください、飽きないですよ~。

 

固い話になってしまったかな?スミマセン、では次はバトンの受け方も男らしいAさんにお願いします。

S.O.

RSS

カテゴリ : リレー

流行に乗っているわけでは…

大らかで優しい先輩Kさんよりバトンを受け取りましたHです。
流行に乗っているわけでも、インスタ映えを狙っているわけでもないのですが、最近好きな飲み物はタピオカミルクティーです。
行列に並ばないで買えるお店があれば知りたいくらいです。

 

先日、社員旅行先の台湾で飲んだタピオカです。
ミルクティーを頼んだはずが、紅茶になってしまい…。
暗くて見えにくいですが、紅茶も美味しいし、タピオカも大量に入っていて大満足でした。

写真1

 

写真2

 

次も台湾のセブンイレブンで買ったタピオカです。
コンビニで買えるのは嬉しいです。

写真3

 

写真4

 

 次は都内で買った物です。ドトールにもあります。

写真5

 

ミルクティーより黒糖ミルクが好きです。

写真6

 

写真7

 

写真8

 

写真9

 

 期間限定に弱いです。

写真10

 

そしてコンビニで買った物です。

写真11

 

写真12

 

写真13

 

写真14

 

今まで冷たいタピオカしか飲んだことがないのですが、寒くなったらホットタピオカにチャレンジしてみたいと思います。
果たして、冬になるまで流行っているのか…。

 

次のバトンは、いつも優しくフォローしてくだるOさんにお願いいたします。

M.H.

RSS

カテゴリ : リレー

アイ・ケイ・イー・エイ

いつも紳士なYさんからバトンを受け取りました。Kです。
突然ですが、私はインテリアが好きです。家具も食器も時間があればいくらでも見ていられます。
そんな私が年に数回、どうしても行きたくなる場所があります。
「IKEA」です!

 

IKEAの魅力、それは…

1) 北欧スウェーデンの雰囲気が味わえる?(行ったことありませんが…)
2) 色やデザインがおしゃれでかわいい!
3) 低価格高品質!

そんなこんなで、今回も「IKEA行きたい病」が発症し…

 

写真①

 

写真⑬

 やってきました。IKEA港北!

 

エントランスから、もうワクワクが止まりません。

写真②

 

「モデルルームエリア」の部屋のディスプレイがとにかくかわいくてオシャレ。
(引っ越したら次はこういう部屋に住みたい…)(この配置いいな…)
夢と妄想がどんどん膨らみます。

写真③

 

写真④

 

写真⑤

 

写真⑥

 

写真⑦

 

子供用品やおもちゃも可愛くて、いつもつい色々買ってしまいます…

写真⑧

 

写真⑨

 

一通り商品を見た後に、欲しい大型家具を購入する「マーケットホール」の景色も圧巻です。
まさに外国!スウェーデン!(行ったことありませんが…)

写真⑩

 

写真⑪

 

というわけで、今回も家具のテーマパーク「IKEA」を存分に楽しみました♪

写真⑫

ちなみにファミリーカード会員になると一部商品会員特別価格で購入できたりします。
興味のある方はぜひファミリーになってみてください。

 

次のバトンは、どんなことでもそつなくこなす頼れる女性H.M.さんに依頼しました。
よろしくお願いいたします!

                                                      K.H.

RSS

カテゴリ : リレー

東の鎌倉?

私の住んでいる住所は「市川市市川」と漢字で書くとたいそう締まりがありませんが、ここに住むようになって、かれこれ25年以上になります。
新設のマンションや宅地のパンフレット等でたまに目にするのが、「東の鎌倉」だったり「西の鎌倉、東の市川」というコピーです。古くからの閑静な高級住宅地が多いということなのでしょうが、残念ながら他県の人が口にすることはありませんし、「そんな話聞いたことない」といつも一蹴されます。
東洋のモナコとか、日本のヴェニスとか、いろいろご当地自慢のキャッチコピーがありますが、本家と比べると決まって見劣りしてしまうので、市川市民の勝手な思い込みと揶揄されても仕方ないかもしれません。

それでも、「東の鎌倉」の由縁らしく、近所には文化人の旧邸宅やら豪邸が点在しています。

1

そんな市川ですが、JR市川の駅ビル商業施設Shapo(シャポー)が長い工事期間を経て、新装開店しました。少し意外なリニューアルで、街の印象も少し変わったような気がします。

 

2

リニューアルしたのは駅の東側半分。あちこちに共有スペースが設けられています。

 

3

イベントスペース「むすぶば」ちょっとしたギャラリーや期間限定のショップとか開けそうです。

 

4

子供たちが遊んでいられるフリースペース「あそぶば」

 

5

イートインコーナーの「たべるば」席にはUSB充電端子がついていて、FREE WIFI完備です。

 

そして目を引くのが新しくオープンしたスーパー2店舗です。

 

一店舗目は「成城石井」です。

6

 

7

覗いてみると、チーズの品ぞろえがとんでもないことになっています。

 

8

スイーツにもかなり力をいれていて、モーモーチャーチャーは個人的にもお気に入りです。

 

もう1店舗は「紀伊国屋」
紀伊国屋といえば青山とか広尾のマダムがお買い物するスーパーという印象です。成城石井は最近店舗を滅法増やしていて、いたるところ目にするようになりましたが、それに比べて紀伊国屋は店舗数が少なく、千葉では初めてだと思います。

9

 

10

納豆の品ぞろえにびっくりしました。

 

しかも、よりによって成城石井と同じエリアに出店するかなぁと驚きです。
どう見てもこの二つのスーパー、ターゲット層もまるかぶりだと思うのですが、「市川そこまでじゃないよ」と心の声が・・・・。


同じまるかぶりでは今回のリニューアルで「スターバックス」がOPENしました。数年前、同じShapoの西側に「タリーズ」が出来たばっかりなのですが・・・。他に「カフェ・ド・クリエ」もありますし、「ドトール」や老舗の喫茶店「タンネ」がこの度リニューアル、そして名古屋の雄「コメダ珈琲」も新規OPENしています。
さすがに多すぎだろうと思いますが、休日だったせいか、どこの店も席が埋まっていました。

スーパーやカフェ以外にも、ファストファッションやリラクゼーションサロンなど、似たようなターゲット層の同業店舗を複数並べていたり、多様化といえばそうなのでしょうが、新しいShapoは必要以上に競合させるコンセプトなのでしょうか。

 

新しいお店がいろいろ市川に進出する傍ら、「東の鎌倉」住民御用達の鶏肉屋さん「鳥達」閉店の張り紙がありました。店主の方が体調を崩されて、止む無くお店をたたんでしまわれたそうです。

 

11

ここの鶏肉は、お高くはありましたが本当に人気で、クリスマスや年末は長い行列ができる程でした。我が家でもちょっとした記念日とかに、ここのお肉を焼いてお祝いしたりしていました。あのローストチキンがもう食べられないかと思うと残念でなりません。
どんなに売り上げ好調でも、従事する人間の健康次第で、廃業せざるを得ない場合もあるという事をしみじみ感じました。

 

次のバトンは笑顔が素敵なKさんにバトンをお渡しします。

T.Yonemitsu

RSS

カテゴリ : リレー

淡い炎に魅せられて・・・

1 炎

 

 私の大先輩T.O.さんから笑顔のバトンを受け取りましたTです。以前のブログで自転車仲間のK.S.氏が「荒川ライド」で荒川サイクリングロードの上流をご案内しましたがその続編で「下流」をご案内しようと仲間2名にも話していました。しかしこのところの毎週末の雨天のため断念に至りました。「晴走雨備・・」ということで今回はキャンプ道具について少し語らせていただきます。

今年はシッカリとした梅雨が続いていますが、梅雨が明けると本格的なキャンプのシーズン到来です。そろそろキャンプ道具のメンテをしなければ・・・キャンプの夜に不可欠な道具といえばランタンですね、この淡い光を見ながら飲むお酒は最高ですね~

 

2 No.30

 

 このランタンは30年ほど前、とあるキャンプ場のゴミ置き場に捨てられていたススで真っ黒になったヤツを私が救出したものです。磨いてみれば新品同様の輝きではないですか!この頃、ちょうど第一次キャンプブームでホームセンターなどにイッキにキャンプ道具が出た頃でした。コイツは本来の燃料「ケロシン(白灯油)」なのですがおそらくホワイトガソリン(白ガス)を入れて点火されちゃったのでしょう。きっとモノスゴい火柱が上がった事と想像されます・・そのままキャンプファイアーをやったとか??(※良い子の皆さんは絶対にマネしないでね!)今のようにインターネット検索もできず、専門誌もまだまだ少ない情報の少ない頃の出来事でした。
キャンプをされる方、お手軽なLEDランタンも良いですが是非こんな灯油ランタンも使ってみてください。構造が単純なので壊れようが無く非常にタフな奴でコイツが醸し出す雰囲気は絶対にハマります。きっと新たな世界見えると思いますよぉ~!!

 

・・・これで終わってしまっては・・・ですよね、ハイ、さらにディープなお話をさせていただきます~。先のランタン(DIETZデイツ社のNo.30)はマッチでもライターでも火をつければロウソクのように灯く「ハリケーンランタン」と呼ばれるタイプで明るさ抑えめの優しい明かりです。これとは別に燃料に圧力を加え強制的に噴射→燃焼させパワー(明るさ)を稼ぐ「加圧式ランタン」というものもあります。この加圧式ランタン、燃料は様々でLPガス(すでに加圧されていますね)、ホワイトガソリン、自動車用ガソリン(赤ガス)、アルコール、そしてケロシン(白灯油)等々。
そんな中私はケロシン(白灯油)を使っています。ケロシンを選んだ理由は、①他の燃料と比較して安価である、②比較的入手しやすい、③引火点が高いため保管・持ち運びの安全性が高いといった点です。こんな姿をしています↓(ペトロマックスNo.829 500CP)

3 829点火前

 

 

点火前にはしっかりメンテが必要です。主要部の清掃と接続部の増し締めです。これを怠ると使用中に燃料漏れや不完全燃焼を起こしてしまいます。特にマントル(白く丸いランタンの心臓部)接続部分は燃焼時に非常な高温になった後、消灯時には一気に冷えるため金属の膨張によりグラグラに緩んでしまいます。マントルは最初シルク生地のように柔らかいものですが一度燃焼すると堅い風船のようになります(この過程は割愛させていただきます)。とても「もろい」のですが割れない限り使い続けることができます。また、マントル取り付け部の手前には燃調(噴射された燃料の濃さと空気の割合を調合する)弁があり開閉具合で燃焼時の色温度が変化します。

4 メンテ

 

 

先にケロシンのメリットをお話ししましたが、しかぁ~し、世の中良い事ずくめなんてことは無いのですね・・・引火点が高い=灯きにくいということでこの加圧式ケロシンタイプには「プレヒート」という「儀式」が必要なのです。ケロシンが沸騰し気化する状態になるまで熱を加えなければいけません。このランタンは夏場で1分半、冬場で3分位のプレヒートを行うのですがこれが一苦労!!脇についているポンプでひたすらタンクに空気を入れ続けます。プレヒート時には大量の燃料を噴射するのでポンピングした空気もすぐに抜けてしまいます。手を抜くとプレヒータの火が消え・・最初からやりなおーし!!だんだん腕に乳酸が溜まり。。汗もダクダク~でも頑張ります!(撮影のためいつもより余計にポンプして余圧でパシャッ)。ちなみにガスやホワイトガソリンタイプは引火点が低いためこの過程が不要で一瞬で点灯します。

5 プレヒート

 

 

無事点火です。ほっと一息・・なかなか手間がかかるヤツですが一度灯いてしまえばあとは時々ポンピングをしてあげることで燃料が無くなるまで灯いています。燃料は1Lで約8時間燃焼します。ちなみに先のハリケーンランタン、デイツNo.30は0.5Lで約24時間燃焼です。
ケロシン加圧式の仕組ですが本来引火点の低いケロシンをプレヒートで燃焼→沸騰→気化させることで点火しあとは自分の熱で沸騰→気化→燃焼を続けます。燃料を沸騰させるためにバーコレート機構が燃料噴射部の手前に付いています。100年以上前からこの機構は変わっていないのです。まだLPガスや純度の高いガソリンが無いころに昔の人は良く考えたものですね~

6 829点火

 

 

ハリケーンランタンと比べるとかなり明るいです。夕飯の準備→食事→片付けまではこのランタンですね。そして夜も更け周囲が静かになったころハリケーンランタンへ・・・ちなみにこの加圧式ペトロマックスは500CP(CPはキャンドルパワーの略で1CP=ろうそく一本分、白熱球に換算すると約400W)、ハリケーンランタン(デイツNO.30)は約10Wになります。

7 比較

 

 

時間に追われることなく、日ごろ当たり前の便利な生活から離れて明かりを灯ける、火を点けるだけでも一苦労という手間のかかることもキャンプの醍醐味かな~と思って楽しんでいます。翌日は当然、筋肉痛です。。あっ、もしこんな面倒なキャンプでも興味のある方いらっしゃれば是非参加してくださいねっ!(笑)
今回はランタンについて語らせていただきましたが「ケロシン加圧式」の道具はランタンのほかストーブ(コンロ)やヒータ、トーチ(バーナー)などいろいろあるので機会がありましたら他の紹介もしたいと思います(この中に約100年前の器具もあります)。

8 加圧種類

 

 

長らくお付き合いありがとうございました。
次はまたまた大先輩「Mr.企業」でありますT.Y.さんにバトンを渡したいと思います。

A.Tokumitsu

ページトップ