東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ : リレー

あると便利な自宅ラック

同期のS.H.さんからバトンを渡されました企業・公共営業部新人のT.S.です。

今年はコロナウイルスの影響で、「STAY HOME」が推奨されました。
単純に休日を家で過ごす割合が多くなった結果、家での娯楽を充実させる動きがあったようです。

4K対応液晶テレビを例に取ると、2020年7月における4K対応液晶テレビ(4Kテレビ、なお有機ELテレビは含まない)の販売台数前年同月比は112.1%だったという調査結果があります。
※全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」による。

 

このような世間の流れの中で私自身も家にいることが多くなり、家のオーディオ・ビジュアル機器の入れ替えや配線作業をする時間が増えています。そのためこのような場に書くようなネタがありませんでした。なので苦し紛れに自室のラックの紹介をしたいと思います。

余談ですが、弊社でも自室にラックはいらないという意見が多数ですね。私はハードを纏めるに当たってこれほど扱いやすい家具は無いと思います…

 

ラックの写真

 

どこにでもある普通のラックです。天井の訳のわからない出っ張りがなければ両方2mラックになるはずだったんです。

 

組み込んでいるものは

 

  • カセットデッキ 2台
  • MDデッキ(再生用)
  • CDプレーヤー
  • チューナー
  • レコード
  • WindowsPC 2台
  • Mac
  • BDレコーダー 2台
  • S-VHSデッキ
  • NAS
  • パワーアンプ 左スピーカー用
  • パワーアンプ 右スピーカー用
  • 信号発生器
  • SRP-D2000 2台

 

あとはマルチシグナルスイッチャーとプリアンプ、音声用のマトリクススイッチャー、HDMIパネルというところです。実際はVHSをもう一台や、一つ大きなマトリクススイッチャーなど組み込みたいものも多いのですが場所が足りず倉庫行きとなりました。あと、最近はマイク入力が1系統欲しくなりどうしたものかと思案中です。VHSやカセット、レコードは個人的に現役なので外せません。
※カビだけは気をつけましょう。デッキが一瞬でお釈迦になります。

 

案外、あると便利です。ラック。フォーエバーラック。一台導入されてみてはいかがですか?

 

以上、T.S.でした。次のバトンは同じ部署のベテラン新人M.U.さんにお渡しします!

 

RSS

カテゴリ : リレー

東京スカイツリー

同期のシス技T.Sさんから、バトンを渡されましたS.Hです。

 

忙しかった夏が過ぎ、過ごしやすい秋日和になって参りました。皆さんの装いもクールビズからスーツになり、街はハロウィン一色です。秋感を一心に感じているわけですが、実のところ「秋」という季節はそこまで好きではありません。童謡の「ちいさい秋みつけた」のように物悲しく哀愁漂う感じがするからですね。いつでも、楽しいことを見つけて前向きに行きたいものです。
というところで、「テンションが下がってしまうなら、上がるようなところに自分から出向けばよろしいのです!!!!」精神で、友人とともに東京スカイツリーに行って参りました。

 

 8周年記念のチケット半額キャンペーンを開催していたせいか、コロナ禍だというのに人が多い印象でした。東京スカイツリー4階フロア、入口チケット売り場では、家族連れとカップルが半数以上であったため、女子二人というのは若干浮いている感は否めませんでした。しかし、チケット売り場から上階へ昇るエレベーターの扉が開き、展望デッキの景色が飛び込んできた瞬間に憂いは吹き飛びました。都心に並ぶ高層ビル群が米粒ほどの大きさに見えるのは爽快です。普段は大きく威圧感があり、厳かな雰囲気のビルも上から見てしまえばプラモデル同様可愛いものです。見る所が違うだけでこんなにも印象が変わるとは、面白いものですね。

 

長谷尾1

<東京スカイツリー展望デッキフロア350からの景色>

 


高い所が好きなので、このような景色を見るとテンションが上がってしまいます。悩みも全部「なんか、どうでもいいかな~」なんて、思えてきてしまうのも不思議です。

 

長谷尾2

<東京スカイツリー展望デッキフロア340ガラス床>

 

 私が一番期待していた、「ガラス床」の写真です。「落ちてしまう!!!」というほどの床ガラスではありませんでしたが楽しめました。これだけ高層となると強化ガラスがとても分厚いです。友人は「もしもこのガラスが抜けてしまったら…」と怖がっていましたね。

 

長谷尾3

<どんぐり共和国 写真1 稲荷前バス停>

 

長谷尾4

<どんぐり共和国 写真2 ねこバス>

 

最後に、ソラマチにある「どんぐり共和国」の写真です。ジブリとハロウィンのコラボレーションです。可愛い商品が沢山ありました!しかし、スカイツリーを出るときに、既にお土産は済ませていたので「どんぐり共和国」ではお土産は買いませんでした。次、また来た時に購入しようと思っています。

今回、東京スカイツリーに行きましたが、とても楽しい二人旅でした。はしゃいでしまって、もしかしたら隣の家族連れのお子さんよりも子供っぽかったかもしれません。

このように少し子供らしく、ドジなところもある私ですが、精進してまいりたいと思います。沢山ご迷惑おかけするかもしれませんが、その分お返しもするつもりですので無下にせずお願い致します。
以上、SI部S.Hでした!
次は、同期のT.Sさんです。

 

ページトップ