東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ : リレー

GW ~家族との時間~

Y.S.さんよりバトンを受け取りました。漢気(おとこぎ)ってこのような漢字だったのですね。いつも勉強させて頂き感謝しております。


さて、早速ですが皆様はGWを如何お過ごしになられましたでしょうか。私共の職種と致しましては、GW中や休日中の工事対応などが多く、毎年長期のお休みを頂けるとは限らず、とはいえ家族とのゆっくりとした時間は大切なもので、毎年のGWにどれだけ家族との時間をとれるかが楽しみでもあります。我が家では、最低でも1年1度は家族旅行を企画して、旅行へ行く事の楽しみを糧に仕事を頑張っております。その甲斐ありまして、今年はGW中に初の青森旅行を満喫して参りました。1泊2日の弾丸ツアーではありましたが、家族との貴重な時間を過ごせました。我が家の旅行モットーは、「食が第一!」「その土地の歴史、文化に触れる」続いて、「食」、「食」、「食」と、ただの食いしん坊家族なのですが、「食」を通して娘に食べる事の大切さと、その土地土地の文化や風習、四季の食材などを一緒に学び、また、「食」を通して仲間との交流や親睦を深めたり、旅をしたりする事が家族共通の趣味となっております。


「十和田名物 バラ焼き」
tc20180515-1
戦後、米軍からの払い下げで安価に入手できた牛のバラ肉を食し始め地元ですきやき風の味付けを始めたことが始まりとされている料理です。(※諸説あり。) 今回は、司とゆうお店に開店一番乗りで入店し美味しく頂きました。鉄板一面にひき詰められた大量の玉ねぎをじっくり炒めてしんなりした所で、メインの牛肉をしっかりと玉ねぎと混ぜ合わながらタレを馴染ませて、豪快にごはんの上にのせて頂きます。

「奥入瀬渓流」「十和田市現代美術館」
tc20180515-2
花より団子の我が家でも、その土地の歴史、文化、自然に触れる事も忘れておりません。
今回の青森旅行で楽しみにしていたので、この季節に満開となるはずの桜でしたが、今年はGW前に満開となり大半が散ってしまっていました。ほんの一部の桜が咲いていて綺麗でした。

「星野リゾート 青森屋」
tc20180515-3
 
tc20180515-4   
tc20180515-5
今回の旅行で一番楽しみにしていた御宿、「青森屋」に宿泊しました。サービスはもちろん青森のねぶた祭や四大祭、津軽三味線などなど、青森県の醍醐味を一気に楽しめる素敵な御宿でした。
 
tc20180515-6

tc20180515-7

食事も勿論、青森の食材づくしで大変満足。ほたて、せんべい汁、りんご、南蛮みそなど郷土色豊かな「食」を体験しました。

今では珍しい、切符を手にして改札。三沢~八戸ローカル線(青い森鉄道)旅。
tc20180515-8

趣味が料理の為、現地の食材に触れられる市場が大好きで国内に限らず、海外でも必ず市場へ足を伸ばします。今回は念願の「八食センター」へ!大興奮!!
tc20180515-9

 

七輪村にて、八食センター内の鮮魚店で購入した新鮮な魚介類(ホタテ、キンキ、ホッキ、ホッケ、イカ、カキ、アサリ、エビ、牛肉等々)を焼き焼きして堪能!
tc20180515-10

 

1泊2日の弾丸ツアーではありましたが内容濃く、家族との有意義な時間を過ごせました。来年は何処に行けるかな?また次回の旅行までの楽しみを糧に仕事頑張ります!

tc20180515-11

 

次は、大手町オフィスの弊社で永遠のNo.1イケメン T.S.さんにバトンをお渡し致します。大手町オフィスメンバーでのプチ旅行も必ず実現させましょうね!

T.Ishii

 

RSS

カテゴリ : リレー

音楽と私

音楽大好き同士、東通バンドのドラムさんより紹介受けまして、2代目ベース担当の私が今回担当します。

音楽は、「音を楽しむ」もしくは、「楽しい音」、「楽な音」と書きます。日本語って素敵です。音楽に「良い」「悪い」はありません。目と異なり、耳は母親のお腹の中で来ている為、先天性の嗜好になるで、この音楽は上等とか偉いとかなくて自分が好きか嫌い(心地良いか、気持ち悪い)かだけなのです。そして音楽の素晴らしい点は、感情に訴えかけ涙を流させる事が出来る事。映画も音が無ければ面白くないのです。

戦略会議でも話した通り、私の人生を変えたアーティストのアルバムを紹介します。
<キッス/地獄からの脱出 KISS/Dynasty 1979>
tc20180501-1
小6の時に従兄弟が聞いていたのを聞いて衝撃を受け、それから現在も大好きです。キッスは曲だけでなくメンバーの考え方生活も全て参考に生きています。

なんと!「KISS JAPAN TOUR 2015 特別参戦!ももいろクローバーZ 2015年3月3日 東京ドーム」では、娘と一緒に見に行く!という事までも実現し嬉しい限りです。
tc20180501-2

 

最後に今の相棒「アレンビック/ALEMBIC “Epic”zebrawood」の写真で終わりたいと思います。独特なサウンドですが大好きです。めっきり人前での活動はしていませんが、復帰したいと思っています。

tc20180501-3

皆さんも好きな音楽をたくさん聞いて、堂々とみんなで共有し(私は否定しません)人生を豊にそして楽しくしましょう。

次は、大手町オフィスの漢気(おとこぎ)溢れる優男 T.I.さんにバトンを渡します。

Y.Suzuki

ページトップ