東通産業株式会社

業種別ソリューション

産業用カメラ

XCG-CP510

概要

evi-hd7v_3v

XCG-CP510は、新規開発の5.1MP グローバルシャッター 偏光CMOSセンサーを搭載した全く新しいタイプのカメラです。
4方向の偏光子をイメージセンサーのフォトダイオード上に形成した(On-Chip Polarizer)センサーを搭載。
また、偏光処理をより簡単に実現するために、ソニー独自のSDK(XPL-SDKW)を開発。
XPL-SDKWを使うことで、“コントラスト強調、対象物検知、傷検査、反射除去、応力・ひずみの確認”などがより簡単に実現し、お客様に付加価値を提供します。
ソニーの偏光カメラは、カメラのハードウェアとSDKを併せてご使用いただくことで、新しいユーザーエクスペリエンスを提供します。

主な仕様

  • ・白黒カメラ
  • ・センサーサイズ:2/3型 GS CMOS
  • ・解像度:5.1Mピクセル
  • ・フレームレート:23fps
  • ・最大出力画素数:2,464(H) x 2,056(V)
  • ・インターフェース:GigE Vision®(Ver.2.0/1.2)準拠
  • ・カメラ制御:GenICamTM (Ver.1.0)準拠
  • ・同期方式:ハードウェアトリガー/ソフトウェアトリガー
  • ・ユニーク機能 :エリアゲイン、シェーディング補正、IEEE1588準拠、欠陥補正、低トリガーレイテンシー、トリガーレンジ、スペシャルトリガー、温度読み出し
  • ・レンズマウント:Cマウント
  • ・外形寸法:29 × 29 × 42 (W × H × D)mm
  • ・質量:約65 g

偏光カメラSDK(別売)

偏光カメラ用SDK(Windows版)、XPL-SDKWを同時発売。
偏光処理をより簡単に実現するために、ソニー独自のSDKを開発。
XPL-SDKWを使うことで、”コントラスト強調、対象物検知、傷検査、反射除去、応力・ひずみの確認”などがより簡単に実現し、お客様に付加価値を提供します。

東通オリジナル スターターキット発売

初めて偏光CMOSセンサーカメラを評価頂きたいお客様向けに、スターターキットをご用意しました。
偏光カメラとSDKの他に、レンズ、カメラ電源、実験用光源、偏光フィルムなどをセットしました。
SDKをプリインストールしたGPU搭載ノートPCを付属したセットも用意しています。

STK-CP510/CP510PC(カタログ)

ダウンロード(ソニーサイトへリンク)

 

XCG-CP510(カタログ)

XCG-CP510(テクニカルマニュアル)

XPL-SDKW(カタログ)

XPL-SDKW(ソフトウェアダウンロード)

 

※ ソニー イメージセンシングプロダクツページ上のマニュアル、CAD等ダウンロードをする際は最初に新規会員登録が必要です。

ページトップ