東通産業株式会社

業種別ソリューション

文教

アクティブラーニング

アクティブラーニングメイン画像

概要説明

能動的な講義・学習形態を行うことを可能としたアクティブラーニング。主体的に問題を発見し、答えを見出していく学習形態を実現させることで、受動的な学修経験だけでは難しい、主体的な人材育成が実現できます。

導入時のポイント

avtive-learning1

◆レイアウトフリーファニチャーに対応したAV&ICT機器設計 プレゼンテーションやグループワークなどさまざまな学習スタイルへ対応できるファニチュアと呼応した無線LAN環境や映像表示装置、音響装置の基本設計が効果的な学習成果を上げるために重要になります。

active-learning2

◆運用はシンプルに、学習を中断しないシステム

学習フェーズにあわせて様々な資料共有や提示が求められるアクティブラーニング。学習の流れを中断することないように、直感的な操作で電源オン/オフや表示切替ができることが重要になります。

◆機器を求める際に何を重要視するか

電子黒板ひとつ取っても、
プロジェクタータイプ / ボード一体型タイプ / 液晶モニタータイプ
があり、必要な画面サイズ、明るさ、書き味、可搬の必要性、設置方法、収納方法など、実際の学習スタイルに合せて、採用することが重要になります。

active-learning3

<インタラクティブプロジェクター>

プロジェクター本体に投写画面に書き込みができる機能が付加されたタイプです。超短焦点モデルが主流になっており、壁掛け設置するだけで利用できる為、比較的安価に導入ができます。

active-learning4

<ボード型電子黒板>

ボードにセンサーを有しており、超短焦点プロジェクターと組み合わせたタイプです。 レスポンスが良く、大型化にも対応しています。

avtive-learning5

<液晶型電子黒板>

輝度・視野角に優れており、目に 優しく、長時間の利用でも負担が少ないタイプです。費用は若干高めとなります。

本ソリューションを導入した事例のご紹介

学校法人 日本大学 生物資源科学部様

日本大学 生物資源科学部様
新しい教育スタイルを実践する「アクティブ・ラーニング」を記念棟に導入

本ソリューションに関連する商品

アクティブラーニングアイコン

アクティブラーニング型学修支援システム チエル「Ablish」
インタラクティブなデジタル教材と多彩な学修ツールで深い学びを実現。また、豊富な教材を週3回配信教材不足を解消

コラボレーションシステム「VisionExchange」

コラボレーションシステム「VisionExchange」
BYOD対応アクティブラーニング用ツール。プレゼンテーション/講義、アクティブラーニング/グループワーク等に活用できるコミュニケーションツール。

パイオニアの協働学習支援ツール「xSync」アイコン

パイオニアの協働学習支援ツール「xSync」
電子黒板とタブレット間をスムーズに連携し簡単な操作でお互いの考え方を共有できます

a-l_products2

無線LAN最適化ソリューション チエ「Tbridge」
TCP通信を最適化することで無線LAN使用時のストレスを軽減

a-l_products3

クリッカー チエル「Flow」
パソコンとプロジェクタさえあれば、確認テストやアンケートを、いつでも手軽に行えるレスポンス・システム

a-l_products5

インタラクティブプロジェクター ソニー
投写画面に書込みができる壁付け設置可能な超短焦点モデル

a-l_products6

液晶型電子黒板 BSC「ebシリーズ」
液晶タイプの電子黒板。輝度・視野角に優れており、目に 優しく、長時間の利用でも負担が少なく、指での操作も可能

a-l_products7

ボード型電子黒板 シネックス「Goodsam」
ボードにセンサーを有しており、超短焦点プロジェクターと組み合わせたタイプです。レスポンスが良く、大型化にも対応

簡単操作「スマートオペレーションパネル」アイコン

簡単操作「スマートオペレーションパネル」
学習スタイルに即して構築することで、学習の流れを中断することがない直感的な運用が可能

保守・サポート

弊社では、導入後もシステムを十分にご活用いただけるような保守・サポートをご提案しております。専門知識を持った技術スタッフが対応することで、お客様の人件費削減はもちろんのこと、アウトソーシングにより本来業務に専念して頂くことで、業務の効率化をお手伝いします。詳しくはこちら

ページトップ