東通産業株式会社

事例

ソニー株式会社様 新本社会議室

複雑な会議形態を簡単に準備・運用できる 『テレビ会議室コントロールシステム』を導入


 ソニー株式会社では、創立60周年の2006年10月東京都港区に新本社が竣工しました。 従来の会議室設備納入及びサポートに弊社も古くからお手伝いをさせて頂いておりましたが、新本社に合わせ会議室設備も一新される事となり、ソニー株式会社のご協力のもと、この度納入をさせて頂きました。

sony_image01

圧倒的臨場感とソニーのShow Caseとなるシステムの構築

 テレビ会議において相手が同じ空間にいるような臨場感があり、映像音響機器メーカーのソニーのShow Caseとなるシステムを構築したい、とのテーマを頂きました。
そのテーマに基づき5つの具体的なコンセプトを決定しました。

・ハイクオリティ映像大画面+マルチディスプレイ映像システム
・会議に重要な高音質の音響システム
・国内外からテレビ会議での参加に対応する同時通訳システム
・ハイビジョン映像、現行NTSC映像を併用したテレビ会議システム
・テレビ会議システムに重要な安定したネットワークの確立

 これらをもとにシステム設計、準備、納入、調整を行いました。また作業の途中においてもお客様のアイデアやご要望を頂き、調整を図りつつ、作業を進めました。
具体的には、単体の各製品をシステムになるように組み合わせ1つずつの機能を作り出し、それらを幾重にも重ねつつも、簡単にオペレーションができるタッチパネルを使ったコントロールシステムで集中制御、最後に何度もチューニングを行い、お客様から満足の声を頂けるテレビ会議コントロールシステムが完成しました。

短期間でシステムを創り上げる

sony_image02

 準備着手から利用開始までに許された期間は非常に厳しく短いものでした。 高度かつ多種多様な仕様・機能を実現するという課題に弊社の持つ豊富な経験と技術力を結集して、お客様とともに最大限の努力を惜しみなく注ぎ、無事完成しました。

ハリウッドのスタジオやNASAのコントロールセンターのようだ

 はじめて室内に入られた方は入った瞬間に驚きの声を上げられます。

『ハリウッドのスタジオだ』
『NASAのコントロールセンターのようだ』
『綺麗な映像と聞きやすい音でごく自然な会議ができる』
『すぐに使い方が覚えられ、使いやすい』

 運用開始からほとんどトラブルなく安定したシステムであると評価されています。
利用者の評価も高く、会議使用頻度は日々増加していると伺いました。

今後は・・・

sony_image03
写真/奥村浩司氏 特記なきは弊社撮影(写真の転載、転用はお断りします。)

 常にシームレスな運用をサポートさせて頂く事も重要な一つです。
既にいくつかのご要望やメンテナンス、新製品への機器更新など、新たな目標を実現すべく、お客様と一体に取り組んでおります。

 映像と音を使った、これぞマルチメディア!といわれるようなシステムをご提案していきたいと考えております。

(本文中、お客様の敬称は省略させていただきました)

ページトップ