東通産業株式会社

事例

常磐大学 情報メディアセンター様

無限の創造を具現化、教育研究の中心へ 最新テクノロジーを備えたバーチャルスタジオ

常磐大学 情報メディアセンター様

 常磐大学情報メディアセンターは、学内に分散されていたAV及びIT設備を統合し学部、学科を越えて有効利用出来る教育・研究活動の拠点、これからの情報社会時代に対応する施設として、新設されました。
 近年、映像のハイビジョン化への波は急速に進み、従来のAVやIT教材だけではなく新たな教材の制作、利用をどのようにしていくか、学内にて模索、検討を重ねられております。
 こうした中、日々AV設備を始めとしたお手伝いをさせて頂いている弊社が以下のご提案をさせて頂き、この度の納入となりました。
 今回、納入させて頂きましたのは、株式会社朋栄のHD/SDバーチャルスタジオシステムを主としたスタジオ収録・編集システムです。

すぐに使えるバーチャルスタジオ

すぐに使えるバーチャルスタジオ

 「予め用意されたパーツや設定で、すぐに使えるシステムになので、準備に時間を取られる事なく、効率良く収録・編集ができるのがいい。」
 「映像だけでなく音声録音だけでも使えるので、音声教材制作にも使えて嬉しい。」
 「導入された機材を使って学外にて撮影をしたところ、今までにない映像が撮影でき映像撮影が楽しくなった。」
などの感想が寄せられています。

今後について

今後について
写真/特記なきは弊社撮影(写真の転載、転用はお断りします。)

 これからは、
「最新のバーチャルスタジオを使って、どのようなコンテンツ制作、運用をしていくのがいいだろうか?」
 「制作過程を把握し、よりよいシステムづくりを目指していきたい。」
 「学外の歴史的建造物や史料にも活用していきたい。」
 「e-Learningのような新しい手段にどのように活用していくのが望ましいのだろうか?」
「様々な要望に対応しながら発展していきたい。」とのお話をお伺いました。
 夢やアイデアといった創造性を具現化できる今回のシステムが、素晴しいコンテンツ・教材制作になくてはならない拠点になることを心から願っております。

(本文中、お客様の敬称は省略させていただきました)

ページトップ