東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ : リレー, 旅・イベント

鈍行列車の旅

年数回、旅に行くことが趣味のひとつになっています。車を持っていないので、近場の旅行は鉄道が多いのですが、特急を使うと意外と高くなるのでだいたい鈍行を使用しています。昨年春に、桜と桃の花見がてら、山梨県韮崎市にある「新府城跡」に行ったのですが、この時も鈍行列車を利用しました。

新宿から小淵沢まで、冬以外の土日祝日に運行している「ホリデー快速ビューやまなし」という列車があります。この列車を使うと日帰りでも意外に遠くまで行くことが出来て、以前には折り畳み自転車を使って、長野県の諏訪大社四社を一日で廻ったこともあります。

「新府城跡」の最寄駅は新府ですが、快速は通過してしまうので小淵沢まで乗りました。小淵沢には12時頃に到着します。上り列車を待つ間、駅の立ち食いそばで昼食を食べ、付近を散策して満開の桜を見ました。
tc20170215-1

 

上り列車に乗り換え、新府駅へ向かいます。城跡は、駅から徒歩10分位のところで、城の回りには桃の木がたくさんあり、満開の時期はとてもきれいです。 tc20170215-2

 

城には門もなく、砂利道を10分程度登ると、本丸跡に着きます。
本丸跡には神社と武田勝頼の墓があります。新府城は、武田信玄の息子、勝頼が、真田昌幸に命じて築城した城の為でしょう。昨年の大河ドラマ「真田丸」第1回の舞台にもなっていました。本丸の神社の回りには桜がたくさん植えられているのですが、この時は大分散っています。
tc20170215-3

 

tc20170215-4

 tc20170215-5

本丸からは八ヶ岳と、桃畑が見えます。
tc20170215-6

節分も過ぎて暦の上では春、そろそろ花咲く季節になりますので、今年も鈍行列車で出かけたいと思います。

次回は、同期のA.S.さんにお願いしました。

 

N.Egashira

RSS

カテゴリ : 旅・イベント

今の私はどんな顔

香川の大学付近にある善通寺に寄ってきました。
うどん県で有名ですが、空海の生誕地であり、四国八十八箇所霊場の第七十五番として訪れる人も多く 一度は行きたいお寺です。空海は「弘法も筆の誤り」の弘法大使です。

 

tc20160315-1

境内は結構広く、金堂のある構内の周りに五百羅漢が置かれています。 様々な表情をしておりこの中には自分と同じ顔があるそうです・・・

 

tc20160315-2

喜怒哀楽の表情があり、今の自分はどの顔だろうかと考えてします。
こんな顔  それとも・・・   常に穏やかであってほしいです。大人として・・

 

tc20160315-3

写経や仏画などの、実践をとおして宗教体験も出来るようです。善通寺へ訪れ、お大師さまとのご縁を深めては如何でしょう。


次は旅人のY.Y.さんへバトンをお渡しします。

K.Akamatsu

RSS

カテゴリ : リレー, 旅・イベント

飛んでイスタンブ~ル♪、、、、。

一度は行ってみたいと思っていた「トルコ」と「ギリシャ」に昨年行く機会がありました。

 

tc20150915-1.

トロイの遺跡:遺物らしいものは何も無いです。モスクワ大学に留学していた長女が「ロシアの博物館にトロイの遺物が沢山展示してあった」と言っていました。第二次大戦中にドイツからソ連に持ち去られたようですね。今でもロシアで保管されているのには感心しました。

トロイの木馬:この中に武装した兵士が30人も???と思わせる大きさです。

 

tc20150915-2

パムッカレの石灰棚:本当に真っ白な世界でした。

 

tc20150915-3-4

カッパドキア:三姉妹のキノコ岩???、ラクダ岩???。

 

tc20150915-5

ブルーモスク:イスラム教とキリスト教が混在する不思議な美しい建物でした。トプカプ宮殿には80カラットの巨大なダイヤ、エメラルド、ルビーとサンタンの権力を彷彿とさせる展示物が多数ありました。

 

tc20150915-6

アヤソフィア:本当に素晴らしく、何日でも観ていたいほどの建物でした。

 

等々、トルコには沢山の世界遺産があり、リピーターも多いそうでとても感動の旅でした。アジアとヨーロッパ文化が入り混じったエキゾチックなイスタンブールはエジプシャンバザール中で大変なにぎわい。楽しいひと時を過ごしました。

 

tc20150915-7

左はパルテノン神殿、右はポセイドン神殿

 

ギリシャ、アクロポリスの丘 パルテノン神殿:主人曰く「ようやく念願の実物に巡り合えた」と大喜びでした。それにしてもトルコもギリシャも大理石が多く滑りやすいですね。古代アゴラのゼウス神殿など 紀元前5世紀半ばに建設されたそうですが、日本の法隆寺の回廊のルーツとも言われているとか???。感動を求めて 次はどこの世界遺産を観に行こうか思案中です。日本にもたくさんありますよね。

次は かつて神奈川支店に在席し、当時支店のメインのお得意様を担当され、お客様の信頼も厚く、大いに活躍されたT.Y.さんにバトンタッチします。

                                                                                                                                                       E.Iida

 

 

 

RSS

カテゴリ : リレー, 旅・イベント

夢は大きく、めざせ甲子園!!

週末、次男の高校野球の応援に行ってきました。最近、雨続きでしたがこの日は快晴!気温30度を超え、また前の試合が延びていたこともあり試合が始まる前に少し皆さん御疲れ気味・・・

20150715-1

 夏の試合は学校の応援団もあり、いつもより増して盛り上がっていました。

 s20150715-2

試合はピッチャーの好投、打線爆発もあり7-0で勝利。2回戦に駒を進めることが出来ました。

 20150715-3

選手達には次回もベストを尽くしてがんばってほしいです。ちなみにうちの息子はスタンドでした。  次のバトンは、T.N.さんにお渡しします。 

K.Ohtani

RSS

カテゴリ : スポット, 旅・イベント

グラウンド・ゼロにて

先週1週間程、アメリカに出張で行って来ました。毎回感じる入国審査の煩わしさと、搭乗検査の時間の掛り方が、今回はさらに気になる旅となりました。以前私がアメリカを訪れた時は、9.11テロ前であり、今ほど厳戒態勢で搭乗検査を受ける事もありませんでした。しかし今回は、完全に服の中まで見通せるスキャン装置や、または靴まで脱いでゲートを潜らなければならないゲート型金属探知機などを、フルに体験して来ました。9.11テロは、国内線で起きたという事もあり、国内の移動に関しても、無論同様な厳戒態勢が敷かれておりました。

 

そして、その悲劇の現場である「グラウンド・ゼロ」をこの目で見て来ました。現地の方々は、既にその周辺をグラウンド・ゼロとは呼ばずに、「ニューワールドトレードセンター」と呼んでいるとのことですが…。そして、以前そこに存在していた「ツインタワー」の跡地に関しては、当時公園を作ろうか、それともビルを建てようか等の議論もあったようですが、最終的には、遺族の強い要望により、その場所に、決して風化させないモニュメントを作ったとの事でした。(9/11MEMORIAL)

 

「グラウンド・ゼロ」とは、「爆心地」と言う意味で、日本の広島・長崎の原爆地にも使われた言葉です。アメリカが本土で、最初で最後の攻撃を受けたその場所にて、今の日本も唯一の被爆国として、絶対に戦争をしてはならないと、世界に発信して行く重要な役割を持った国であると、再認識させられた時となりました。

 

blog20150625-1

ビルの合間に大きく存在する地下に水が流れ落ちる滝のような 9/11MEMORIAL

20150625-2

One World Trade Center

 

T.Hikawa

 

 

 

ページトップ