東通産業株式会社

totsu Culture

RSS

カテゴリ : リレー

ソニービルまだ健在

ショールーム、ショップが最近近くに移転してしまったとのことで、もう終わってしまったのかなと思っていた銀座のソニービルですが、先日帰りに行ってみたらまだ健在でした。当分いくつかの店舗、イベントスペースはオープンしていて、来春3月末で最終クローズとなるそうです。現在の建物はそれで見納めとなりますね。ソニービルは前回の東京オリンピックの時に建てられたそうで、次の東京オリンピックを前にして姿を消すというのは偶然かも知れませんが、時代がひとめぐりした感があります。

ちょっと電気製品好きの昭和の少年にとって、東京のちょっと心ときめく建物と言えば、秋葉原のヤマギワ電気とそして何といっても銀座ソニービルでした。もっと大きなビルはいくつもあったし、電気工作少年達はラジオデパートとかだったかも知れませんが、ヤマギワ電気やソニービルは電気屋さんとは呼び難い超オシャレ感がありました。

ソニービルで子供のころより印象に残っているのは、踏むとピアノの鍵盤の様にドレミが鳴る地下への階段でしょうか。今も健在ですが音はピアノの音ではなくなっている様ですね。建物の構造は、各階が普通に縦に重なっているのではなく、フロアが少しずつ高くなりながら螺旋状に最上階まで続いています。こういうのを一般にスキップフロアと言うそうですね。最近では「渡辺篤史の建もの探訪」とかで自慢げに紹介される、ちょっとおしゃれな個人住宅にもよく見られる様になりましたが、当時としては斬新だったんじゃないでしょうか。他にスキップフロアで有名な建物と言えば、渋谷の東急ハンズですね。
 tc20161015-1
ソニービル 建物はまだ健在。まだ入れます。(ソニービルの跡地はしばらく公園として開放され、東京オリンピックが終わってから新ソニービルを建設予定だそうです。新ソニービルがどんな風になるかはまだ未定とのこと。)

渋谷と言えば、パルコが全部閉館になりました。間もなく取り壊されるんですね。平成の若者たちにとっては、渋谷と言えばどっちかと言うと109かも知れませんが、かつては公園通り(PARCO=公園)の上り坂の上に神殿のごとくそびえ立つパルコこそが渋谷の中心だったんですヨ。
 tc20161015-2
渋谷パルコ パート1とパート3。閉鎖され、もう入れません。後は取壊しを待つばかり。右はパート2跡。数年前にすでに取壊されました。(建替えられる新パルコビルは2019年秋オープン予定だそうです。)

もちろん話題は、渋谷駅周辺で始まっている近年最大級の再開発でしょう。

東京の景色が変わります。
 tc20161015-3
渋谷駅前ヒカリエ側
東急デパートはすでに無く、大工事が始まってます。

では、次はK.M.さんにバトンタッチいたします。

T.Sugawara

RSS

カテゴリ : リレー

自転車ならではの景色

みなさんこんにちは。「風が心地よい」という理由で始めた趣味のサイクリング。気がつけば8年の月日が経過しました。この間に走った距離はおよそ24,000Km。地球半周分を越えてしまいました。
tc20161001-7
自転車に乗り続けている理由は風以外にもあります。それは「自由きまま」である事です。

普段は見過ごしている脇道になんと言うことはなしにそれてみたり、自転車を止めて景色に見入ったり。これらの事は、鉄道やバス、自動車等ではおいそれとはできません。
ここではそんなちょっとしたプチ絶景(?)をご紹介します。

大洗の丘から見下ろす海岸

写真1.は大洗海岸を、小高い丘の上から見下ろしているものです。普段は写真下側の道路を「下って」海岸に行っているのですが、この日はふと思い立って脇道を「登った」ところ、こんな景色が待ち受けていました。
tc20161001-1

ひたちなかの海岸通り

ひたちなか市の海岸通りには、一部歩道(自転車走行可)が設けられている区間があります(写真2)。
tc20161001-2
ご覧の通り歩道は海岸沿いに作られています。車道からは防潮堤が邪魔になって海を眺める事はできません。

この海岸は白亜紀の地層が露出しているという、とても珍しい場所。学術的にも貴重な場所なんだそうです。海から斜めに飛び出しているのが白亜紀の地層です(写真3)。
tc20161001-3

歩道に自転車を停めて
自転車も車両ですから車道を走ります。でも、自転車を降りて押せば歩行者扱いですから、「歩道から景色を眺める」という芸当もできます。
tc20161001-4
写真4は日立市の国道にある、歩道から眺めた景色。車では何度か通った事がありますが、灯台があるなんて全く気づいていませんでした。

tc20161001-5
写真5は橋の歩道側から眺めた久慈川です。写真ではわかりにくくて恐縮ですが、橋の上からも川底が見える程透き通った水です。
こんな風に気に入った景色があるといつでもどこでも景色を堪能できるのが、車にはない、自転車の魅力の一つです。

オマケ:山側道路

次の写真は日立市内にある「山側道路」。混雑する国道のバイパスの役割を担っています(写真6)。
tc20161001-6
山側が車道、真ん中がサイクリングロード、そして谷側(海側)が歩道になっています。
ここは仕事の関係で何度か車では通っていますが、もちろん車中からは麓に広がる海の様子を眺める事はできません。
生憎適当な写真がありませんでしたので皆さんにお伝えはできませんが、中々の絶景で私のお気に入りです。何度も足を運んでいます。
とてもお気に入りです。ただ一点を除いては。
ここって標高100m~150mの区間にあるんですよね・・・・
#一体全体、誰が利用するんだろう???
おしまい
次回のバトンはT.S.さんにお願いしました。

K.Sato

ページトップ