Gemelos 3D BaseStereoBrain SB-1Neo3D
Gemelos 3D Base は小型ながらも 3D 撮影に必要な機能を搭載したカメラシステムです。 独自設計の 3D 撮影用同期回路により左右 2 台のカメラを完全に同期させており、その 位相差を 20ns 以下までに抑えています。そのためカメラのシャッターが下りるタイミング まで一致しており、1/10000 のシャッタースピードまでの完全同期を実現しています。 これにより 3D では苦手とする素早い動きの物体も正確に捉えることが出来、自然な3D映像に仕上げることができます。 本カメラシステムは様々な 3D 撮影手法に対応させるため、小型のシステムをさらに 3D カメラ部、カメラコントローラー、メイン制御部、3D フォーマット変換部と 各ユニットに分離できるよう設計されています。ジブクレーンやステディカムなどの 特殊器具での撮影やオプションの専用肩載せリグでの手持ち撮影にも対応することができます。
 

 Gemelos 3D Base の特徴

3D映像が今まさに世界的な広がりを見せています。映画業界、テレビ業界のみならず 産業分野、医療分野でも質の高い3D映像が求められているところです。 Gemelos 3D Base はそういった要望に応えるために設計されました。 このカメラは並行2眼式という3D撮影ではもっとも基本的なスタイルを採用しています。 プロユースはもちろん3D撮影が初めての方でも利用しやすいシステムに仕上がっています。 3D撮影にありがちなたくさんの複雑な調整を減らすための便利な機能を数多く搭載させ、 フォーカス、ズーム、アイリス等のレンズ調整も電動にし、3D空間の調整に専念することができます。 また豊富なオプションにより様々な撮影手法に対応することができます。
3D撮影において2台のカメラを同期させることはもっとも重要なことです。 レンズの焦点距離、ズーム距離、絞りなどは正確に一致させる必要があります。 それらの中でも最も難しいのは2台のカメラでシャッター時刻を同期させることです。 もしシャッターが同時に下りなければ3Dとしての画質が損なわれますし、最悪の場合 3Dとして見ることすら出来なくなります。 通常2台のカメラを合わせるのに3値、ブラックバースト同期信号等を使いますが、 これでもフレーム精度の同期は合ってもシャッター精度の同期が得られる保証はありません。 この問題を解決するために我々は全く独自の手法「Yuki Sync Method」を考案し20ns以下 という極限までカメラ間の位相ズレを抑えることに成功しました。この位相差では1080解像度で 1ピクセルもズレないことを意味します。 電動ズーム、フォーカス、アイリス制御もこの同期タイミングを元に動作しており、正確な動作を 可能にしています。
 
    ※カメラの同期方法に関しましては現在特許出願中です。

 "GODA Camera Controller"

3Dカメラオペレーターはカメラの調整はもちろんですが、よりレンズの光軸調整に注力を向けます。そのためカメラの調整(フォーカス、絞りなど)は簡単にできるような設計である必要があります。 Gemelos 3D Baseでは小型かつ最小限の操作でカメラ調整できる機構を備えており、 よく使う機能をダイレクトボタンとして配置し、ダイヤルでそれら機能を調整するようになっています。 もちろん詳細な機能調整も調整することができます。基本的に1つの操作で2つのカメラを制御 しますが、カラーバランス等微調整を必要とする場合に左右独立で調整することもできます。 また標準でこのカメラコントローラーはカメラ本体と10mまで離して使うことが出来ますので カメラ制御の部分を別のオペレーターに分散させ、より正確な3D撮影も可能になります。


  "Rock solid optical axis alignment"

3D撮影でレンズの光軸調整が重要であることはいうまでもありません。その調整如何で品質が決定します。Gemelos 3D Baseには専用の光軸調整機構が備わっており、 ステレオベース、輻輳角、ロール調整、チルト調整を素早く行なうことができます。 これら機構はもともと光学用に設計された高精度の機械精度を持ったパーツで構成され調整を正確にかつスムースに行なえます。目盛や位置固定ネジも備わっていますので
「数学的」な調整にも役立ちます。 どんな現場であってもこのリグであれば調整を速く、正確に行なうことができるでしょう。


  "3D Processor Stereobrain SB-1 by Inition"

Gemelos 3D Base には小型の3Dプロセッサーが付属しています。このユニットは ラインバイライン、サイドバイサイド、フレームパッキングなどの様々な 3Dフォーマットにリアルタイムで変換することができます。このユニットの役割は3Dモニタで 鑑賞するといったことだけではなくレンズの光軸調整、カメラのカラー調整にも役立てる ことにも利用します。白黒合成やL-R差分表示で光軸を調整し、サイドバイサイドでL-Rの カラーバランスの比較も出来ます。アナグリフ出力を利用して3Dモニタでない小型モニタで 立体感を確認することができます。このプロセッサーとカメラメインユニットは統合されており 上記コントローラーからこれら出力の種類を選ぶことができます。このユニットには3系統の出力(DVI/HDMIx1, HD-SDIx2)が用意されており、各系統でことなる フォーマットに同時出力することが可能です。

 
上記システムをベースとして、今後予定されている3Dリアルタイムスローモーションや、光伝送装置、3D IP伝送装置等をオプションとして後付けし、機能を拡張することができます。
 

 Gemelos 3D Base の仕様

 カメラヘッド部 
 イメージセンサ  1/3 CMOS 約200万有効画素
 動作周波数  1080i/59.94、720P/59.94(スイッチャブル)
 映像出力  HD-SDI x2系統(SMPTE-292M準拠)
 搭載レンズ  10倍光学ズーム f=5.1mm (wide)~51.0mm(tele)     F1.8 to F2.1 
 3D光学調整  ステレオベース調整 X軸 レンズ間最小距離 54mm 目盛付き ロック機構あり
 輻輳角調整(コンバージェンス、θ軸)目盛付き ロック機構あり
 光軸傾き補正(チルト角、ヨー角)目盛付き ロック機構あり
 3D同期システム  独自シンクロ機構(Yuki方式)2台のカメラのシステム位相差 20ns 以下
 カメラコントロール部 
 フォーカス  オート、マニュアル、ワンプッシュフォーカス
 シャッタースピード  フルオート、シャッター優先、アイリス優先、マニュアル、ブライト、スポットAE
 1/2~1/10000秒(シャッター同期保証範囲)
 ホワイトバランス  オート、屋内(3200K)、屋外(5800K)、OnePush、マニュアル(RBカラーゲイン)
 ゲイン  オート/マニュアル(-3~+18dB、8段階)
 露出補正(アイリス)  ±10.5dB(1.5dBステップ、15段階)
 逆光補正  オン/オフ
 ガンマ  Normal、Cinema Type1、Cinema Type2
 画像効果  モノクロ、ネガポジ反転、静止画(フリーズ)
 輪郭補正(アパーチャー)  16段階
 プリセット  カスタムプリセット
 操作方法  キーとダイヤルのコンビネーション
 その他機能  カメラ2台同時、または独立しての設定が可能
 ズームリミット(任意の位置で設定可能)
 LCDキャラクタディスプレイ搭載(2行表示、バックライト搭載)
 3Dフォーマット変換操作可能(DVI/HDMI出力のみ)
 標準で10mまで延長可能
3Dプロセッサー  
 DVI/HDMI出力   Line-by-Line、アナグリフ、ハーフオーバーレイ、フルオーバーレイ、トップアンドボトム
 Side-by-Side、Subtractive(L-R差分表示)、チェッカーボード、フレームシーケンシャル
 Lのみ、Rのみ
 カラーレンジ設定(Rec.709/Full)、視差調整、解像度設定(720p/1080p/1200p)   
 HD-SDI出力  Line-by-Line、アナグリフ、ハーフオーバーレイ、トップアンドボトム
 Subtractive(L-R差分表示)、フルHD独立出力
 その他設定  上下反転、左右反転、L-Rスワップ、アナグリフRGB色調整
 DVI/HDMI、HD-SDIの3系統はそれぞれ独立して設定が可能
 DVI/HDMI出力はCCUからコントロールが可能
 その他諸元 
 寸法/重量  3Dカメラ部      H54xW48xD108(カメラ単体) 2.8kg(Rigを含んだ全重量)
 Yuki同期ユニット部   H150xW130xD35  0.46kg(突起部は除く)
 "GODA"CCU部     H100xW150xD35  0.24kg(突起部は除く)
 3Dプロセッサー部   H145xW140xD37       0.41kg(突起部は除く)
 消費電力  合計25W DC11V~18V(DC-DCコンバーター搭載) バッテリオペレーション可能(オプション)
 動作周囲温度  0℃~45℃
 付属品  マニュアル、ACアダプタ
 ※仕様は予告無く変更することがあります。

本件の問合せ先

東通産業株式会社
 首都圏営業部 3Dプロジェクトグループ
 TEL 03-5572-7911
 FAX 03-5572-7915
 E-mail : totsu-3d@totsu.co.jp